オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

September 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

postheader母乳不足を解決しよう

カップのお茶、アップ

母乳不足で、赤ちゃんの栄養源をミルクに変えたというお母さんが多いのが現状です。
できれば母乳で育てたいと思っているお母さんは数多くいます。
でも母乳不足だからと諦めていたお母さんの悩みを解決してくれるのがたんぽぽ茶です。

たんぽぽ茶には母乳の分泌を促進させる作用や、ホルモンのバランスを改善する作用があります。
たんぽぽ茶はたんぽぽの根から作られていますが、このたんぽぽの根には身体の代謝をサポートする成分が含まれており、その成分が母乳の分泌に効果的です。
母乳のもととなる血液をキレイにしてくれるの効果もあるので、母乳の質が良くなります。

postheaderノンカフェインのメリット

グラスに入ったお茶

妊娠中や、授乳期にはノンカフェインを意識して、カフェインの入ったお茶やコーヒーを取り入れないようにしている人が多く、水は飽きてしまうからとあまり水分をとらない人も増えていますが、水分の不足は母乳の分泌にも良くありません。
また、ノンカフェインでは無いお茶などを飲むと、身体を冷やし、母乳不足の原因となってしまいます。
ですが、たんぽぽ茶はノンカフェインなので安心して飲むことができます。
授乳期に不足しがちな、鉄、カルシウム、ビタミンなども含まれており、必要な栄養を補えるので、授乳中のお母さんだけではなく、妊娠中のお母さんにも最適です。
母乳不足で悩んでいる方や、妊娠中の栄養が気になる方は、ノンカフェインで赤ちゃんにもお母さんにも優しい品質のお茶なので試してみてはいかがでしょうか。

postheaderタンポポ茶を知ろう

横を見る赤ちゃん、モノクロ

たんぽぽ茶とは、タンポポの根をコーヒー豆と同じ様に焙煎して作られるノンカフェインの飲み物の事を言います。
中国では昔から漢方薬として使われていました。
また、ヨーロッパの方では薬用として使われているので、昔からある健康的なものなのです。
また、同じ物から作りますが、製造工程が違う物でタンポポコーヒーという物もありますが、こちらもまたノンカフェインです。

postheader飲みやすいのがポイント

泣いている赤ちゃん

たんぽぽ茶の良いところは、妊娠・授乳中はなるべくノンカフェインの飲み物を飲むと良いのですが、紅茶やコーヒーを毎日飲むのが習慣になっていた人にとっては辛いと感じる人もいるかと思います。
ですが、たんぽぽ茶にはノンカフェインなのと、紅茶に似た味やコーヒーに似た味があるので心置きなく飲めます。
また、たんぽぽ茶には性ホルモンのバランスを整えてくれる作用や、分泌作用を促進してくれる成分が入っているので母乳不足で悩んでいる女性の方にもピッタリなのです。
現在では、母乳不足や母乳つまりなどで悩んでいるママが沢山居るので毎日飲む事を習慣にしていれば母乳の出が良くなると言われています。
また、母乳不足を解決するだけでなく、母乳の質をあげてくれるのも良い点です。
さらに、ノンカフェインなのに、紅茶と同じ様に利尿作用もあるので、浮腫みや、浮腫みからくる冷えから解消されるとも言われています。
良い所づくしなので妊娠中の方や、母乳不足などで悩んでいる授乳中じゃない方でも、積極的に飲みたい魅力的な飲み物です。